FC2ブログ
柴と私のお気に入り
柴犬のこと自分の気になるお気に入りのこと、思いつくまま気の向くままに綴ってます・・・
プロフィール

perydot

Author:perydot
動物大好き!

大切なペットの為に無添加フード

イギリスからの自然食ペットフード

超・可愛い柴犬

柴犬.net

鮑が500円?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

カテゴリ

チェック

インターネット広告ブログ広告  

アクセスアップ

  

アッと言う間にポイント貯まる

お気に入り

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

ブログライター募集

レビュー

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

オレンジアド

プレブロ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

私の「ごろん太」
  
子供の頃から動物が大好きだったが、猫は好きでも嫌いでもなかった。
どっちかって言うと犬派だった。が、ある日、我が家の庭に太ったシャム猫が来るようになった。
だけど人間を見ると「シャー!」と威嚇する。身体も汚れている。
おそらく元々は飼い猫だったのだろうが、飼い主の身勝手な理由で捨てられたのだろう。
決して人間を信じない、と言わんばかりに威嚇をする。近付こうとすると後ずさる。
私が戻ろうとすると又寄って来る。常に同じ距離を保ちながら私をみつめる。
ある日、鰹節とご飯をあげてみた。私がいると近付かないので、家の中に入り窓から覗くと
美味そうに食べている。そんな日が続いたある日、その猫が足元に擦り寄ってきた。
やっと、この家の人間は安全なんだと思ってくれたのだろう。嬉しかった。
それから「ごろん太」と名付け、家に入れて身体を拭いてやり、飼うつもりでいたのだが、
暫くすると外に出たがる。そして次の日まで帰って来ない。野良の習性が身についたのだろうか。中々飼い猫にはなってくれなかった。
もしかしたら彼は猫の着ぐるみを着た犬なんじゃないか?と思ってしまうような面白い猫だった。
私が近所まで出掛けると必ずついてくる。犬のように私の後ろを「にゃん、にゃん」と声を出しながら、嬉しそうに。たまに私を追い越して歩き、そして時折後ろを振り返って私を確認する。
私が横道に隠れると急いで引き返してくる。そんな時は本当に愛おしかった。
目が合うと必ず私の顔をぺろぺろ舐めまわす。
もういいってば!と言いたくなる程念入りに・・・
「ごろん太」に出会って初めて猫の魅力にやられた・・・
そんな「ごろん太」ももういない・・・寂しい・・・

1126 002
そしてその後、出会ったのがこの猫・・・(ピンボケだけど・・・)
これは、野良猫だったチビという猫が生んだ子供。
子猫を引き取り、「ちびちび」と名付けた。
でも、母体にいた時に母猫のウィルスが感染してしまい、生まれついて身体が弱く、
結局1歳半で亡くなってしまった。

あれから2年位経っただろうか・・・猫という動物の可愛さ、あのしなやかな動き、毛の柔らかさ・・・
とてつもなく猫が大好きになってしまった。彼等にやられちまった・・・
それにしても・・猫に話しかける時、何故幼稚言葉になるんだろう?
柴犬には普通に話しかけるのに・・・・不思議だ。



宜しければポチッと押して下さいな♪

ブログランキング・にほんブログ村へ   

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yks31.blog44.fc2.com/tb.php/103-29ae4552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)