FC2ブログ
柴と私のお気に入り
柴犬のこと自分の気になるお気に入りのこと、思いつくまま気の向くままに綴ってます・・・
プロフィール

perydot

Author:perydot
動物大好き!

大切なペットの為に無添加フード

イギリスからの自然食ペットフード

超・可愛い柴犬

柴犬.net

鮑が500円?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

カテゴリ

チェック

インターネット広告ブログ広告  

アクセスアップ

  

アッと言う間にポイント貯まる

お気に入り

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

ブログライター募集

レビュー

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

オレンジアド

プレブロ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

CELUX LOVER WEDDING ショップのご紹介
全国のジュエリーショップを基点にした展示会開催をはじめ、
手頃なロープライスから最高級品までを網羅するブランド展開を行っている
CELUX LOVER WEDDINGセリュックスラヴァーウェディング )をご存知ですか?
CELUX LOVER WEDDING は手頃なカラージュエリーから
ハイクオリティージュエリーまで幅広いジュエリーのラインナップを揃える他、
セリュックスラヴァーウェディング が誇る最高級のブライダルジュエリーも
扱っています。
またお客様がCELUX LOVER WEDDINGに望むリクエストを最大限に叶えるべく、
貸切のチャペルでの挙式や海外でのハネムーンなど、
セリュックスラヴァーウェディングが多彩なブライダルスタイルをプロデュース。
専門分野のプランナーやフラワーコーディネーターなど、
CELUX LOVER WEDDINGのスペシャリストたちが心を込めて
コーディネートしてくれるそうで、そのためにもセリュックスラヴァーウェディングでは
オリジナル海外挙式・ハネムーンの企画・開発を行っているそうです。

またセリュックスラヴァーウェディング は1966年、毛織物工場として初めてクィーンエリザベス2世よりクィーン賞を受賞した、英国の老舗生地メーカー「テーラー&ロッジ」の選りすぐりの生地で仕立てるセミオーダーも扱っています。
なかでもブラックは唯一、CELUX LOVER WEDDINGだけが扱えるオリジナル限定版なんだとか。
限られた数量しか出荷できない贅沢なハンドメイドの織物が手に入るなんて
セリュックスラヴァーウェディング ならではですね。

CELUX LOVER WEDDINGの企業理念は「お客様ひとりひとりの個性ある
ラグジュアリーを育てていくこと」だそうで、多くの方に信頼される企業として
形作ってきたセリュックスラヴァーウェディングはさらにお客様の満足を高めることを目標に様々なチャレンジをCELUX LOVER WEDDING社内にて試みているそうです。
CELUX LOVER WEDDINGの本社は京都市にありますが、
そのビル内にセリュックスラヴァーウェディングの店舗も入っているようです。
その他にはCELUX LOVER WEDDING名古屋支社があるようですが、
全国のジュエリーショップを基点にしたセリュックスラヴァーウェディングの展示会も
開催されているそうなので、近くにCELUX LOVER WEDDINGの店舗がなくても
安心ですね。

セリュックスラヴァーウェディングの話で思い出しましたが、
同じく京都の中坊進二さんのお話はご存知ですか?
京都市の服飾関係の会社にお勤めの中坊進二さんという方は、
大阪の知的障害者の入所施設に礼服40着などを寄付されたそうです。
なんでも中坊進二さんは取引先を通じて、
同施設に入所している21歳以上の知的障害者の多くが、
同施設を運営する社会福祉法人の理事長が亡くなった告別式の際、
礼服が無く普段着で参列したという話を聞き、
「社会に出た時のためにも、冠婚葬祭の意義などを含め学んでもらえれば」
ということで中坊進二さんから礼服40着とワイシャツ・ネクタイなどを
贈ったそうです。
この中坊進二さんのご厚意は同施設に大変喜ばれ、
それをきっかけにさらに中坊進二さんは京都市の市母子寡婦福祉連合会と
知的障害者更生施設に男性用の礼服66着を寄贈されたそうで、
「地元のみなさんのお役に立てて、うれしいです」と 中坊進二さんはおっしゃって
いたそうです。
中坊進二さんのような自身の職種や職業を活かした貢献の仕方があるのだ、
ということを学んだと共に、中坊進二さんの謙虚な姿に感動しました。
中坊進二さんのように多くの貢献はできないかもしれませんが、
自分自身ができる社会貢献というものを考えてみようと思いました。
スポンサーサイト




テーマ:サイト紹介 - ジャンル:アフィリエイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yks31.blog44.fc2.com/tb.php/281-59c4d8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)